2008年10月05日

ipodでテキストの活用方法

ipod nanoテキスト閲覧する為には

iTunesでディスクとして使用するにチェックをいれ

ipod nanoを外部ハードディスクとして認識させる。

そこにある NOTES のフォルダにテキストフォルダを入れれば

簡単に閲覧が可能だ。

しかし文字数の多い電子書籍などは

4000文字(kb)以上になると表示されなくなるので

複数のページに分けるか、ポッド野郎をつかて

ページを分割するとよい。

その他、単語カードとして使う方法もあるが

少し手間がかかる。

造り方は簡単でHTMLのタグがわかれば誰でも簡単につくれる。

例えば下記のように

qes.txtというページをつくり

< ここから >


問題1

問題はここに入れる

答え

トップページに戻る


< ここまで >

同フォルダ内に

上記と同じ要領で

ans.txtというページをつくれば

< ここから >


問題1の答え

ここに正解をいれる

つぎの問題

トップページに戻る


< ここまで >


と言うように簡単な単語帳がつくれる。

表示はこんな感じ

問題1

問題はここに入れる

答え   この問題の答えにリンクがかかっている

トップページに戻る  トップページにリンクがかかっている




上記のタグは使えるのでうまく使えば

オリジナルのipod テキストがつくれるかも…

英会話などのこの手のものはすでに

商品化されたものが多いので

そちらを使うほうが良いだろう。




posted by S(エス) at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。