2008年09月26日

ワインセラーの選び方

cellerb.jpg


ワインセラーの選び方で重要なのは

ワインセラーの用途、目的

保存の目的がデイユーズなのかグランヴァンの保存用なのかで

購入するワインセラー選び方は大きくかわる

またワインセラースペック

収納本数(大きさ) 冷却方式 設定温度・湿度、

もちろん予算など購入者の

用途で選び方も違ってくる。

収納本数は小さすぎると後々もう一台なんてことも

ありえるので自身の『このくらいで』という本数プラスアルファ

くらいで考えてみては如何だろう。





値段にも大きく反映される冷却方式

この冷却方式は振動を嫌うワインにとっては

ペルチェ方式サイレントカーブ方式(アンモニア気化方式)を選べば、ほとんど動作音や振動がなく、信頼も高く安心。

もちろん普通の冷蔵庫と同様な仕組みで冷却する

コンプレッサー式もあるが振動や動作音があるので

どちらかといえば普段頻繁に開け閉めするデイセラー向きだろう。

また冬場に設定温度以下に温度が下がった場合も

温度を上げることができない。

価格は大きさにもよるがもちろん前者のワインセラーの方が高い。

しかし高いイメージのワインセラーでも

6本くらい入る小さなワインセラーなら2万円程度のものからあり


sellers.jpg


一本だけ入るコンパクトなものや卓上に設置できる

小型のワインセラーもある。

本格的にワインを保存するならそこそこの大きさのワインセラー

検討したいが、初めて購入する方は予算、目的、用途を踏まえた上で

購入するのがよいだろう。

有名なメーカーとして

・デバイスタイル ・ユーロカーブ ・フォルスタージャパン

などがあげられるが各メーカーにより特徴があるので

ネットでスペックなどをよく見比べて検討してみては?


posted by S(エス) at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。