2008年09月25日

ラギオール ソムリエナイフの選び方

ソムリエナイフの代表といえばシャトーラギオール

500年の伝統を誇るフランスオーヴェルニュ山地に位置する

刃物の村ティエール。

1850年創業の伝統あるナイフビルダーSCIP社の当主、Lサナジェストが

1993年自社の古い歴史と名誉をかけてフランス随一の名ソムリエと謳われるヴィアリスとの合作として世に送り出した究極のソムリエナイフがこの“シャトーラギオール

ソムリエだけでなくワインに携わるものすべてに愛されるシャトーラギオール
歴代のソムリエ世界大会優勝者のモデルも販売されている。

もちろん田崎モデルもあり、人気モデルの一つである。

シャトーラギオールの人気の秘密は伝統や格式だけではない

重厚感と洗練されたフォルム。

シャトーラギオールは数多くの種類がある。

天然木を使ったスタンダードモデルから

金銀ギラギラのゴージャスなモデルまで数多く

ショップによっては有償で名前を彫ってくれるところもある。

コレクターも多く、

ワイン好きへのプレゼントとしてはシャトーラギオールは最適だろう。

私もワインが大好きでソムリエナイフを集めている。

愛用はスタミナレッドとオールステン

かなり昔のシャトーラギオールもあり

収集するのも楽しいのがソムリエナイフ(シャトーラギオール)







posted by S(エス) at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。